【流星ワゴン】重松清の人気作品【その日のまえに】

重松清はフリーライターを経て専業作家となり、1999年「ナイフ」で坪田譲治文学賞を、「エイジ」で山本周五郎賞を受賞しました。2000年には「ビタミンF」で直木賞を受賞。「ビタミンF」はNHKでドラマ化されました。いじめ・子ども・家族といったテーマを取り上げた作品を多く発表しており、幅広い世代に人気がある作家です。多くの作品が映像化されており、2017年にも「ファミレス」が阿部寛、天海祐希主演で「恋妻家宮本」として映画化されます。