【六番目の小夜子】恩田陸作品レビュー!【蜜蜂と遠雷】

恩田陸は宮城県出身の作家です。早稲田大学卒業後、OLを経て1992年に「六番目の小夜子」でデビュー。「夜のピクニック」では第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞、「ユージニア」で第59回日本推理作家協会賞、2007年には、「中庭の出来事」で第20回山本周五郎賞と、多くの賞を受賞しています。「夜のピクニック」は映画化され話題になりました。2017年、「蜂蜜と遠雷」で直木賞を受賞した、恩田陸作品の世界をお楽しみください。