【鬼平犯科帳】池波正太郎作品レビュー【剣客商売】

池波正太郎は1923年1月25日、東京・浅草に生まれました。1960年、「錯乱」で第43回直木賞を受賞。精力的に執筆に取り組み、代表作となる「鬼平犯科帳」が生まれます。鬼平犯科帳は繰り返しドラマ化され、映画、漫画にもなりました。2017年には、アニメ化されることで再び話題に。池波正太郎は「鬼平」以降も「剣客商売」シリーズ、「仕掛人・藤枝梅安」シリーズといった代表作を次々に発表し、1990年に逝去しますが、今もなお売れ続けている作家です。