【鉄道員】浅田次郎おすすめ作品【壬生義士伝】

直木賞受賞作「鉄道員(ぽっぽや)」。140万部を超えるベストセラーとなり、のちに名優高倉健主演で映画化され、大ヒットを記録した作品です。その作者浅田次郎は、自衛隊を経て作家になりました。「プリズンホテル」「天国までの百マイル」といった現代をテーマにした小説以外にも、「天切り松」シリーズ、「蒼穹の昴」シリーズ、新撰組を題材にした「壬生義士伝」といった時代小説を多く手掛けています。多作かつドラマ化・映画化される作品が多く、現代の代表的な人気作家の1人といえるでしょう。

小説一覧

5件中1~5件を表示

5件中1~5件を表示