戦争を描いた名作

日本で戦争をテーマにした文学作品といえば、教科書に載っている「ちいちゃんのかげおくり」や「一つの花」といった児童向け作品を思い浮かべる人が多いかもしれません。他にも第二次大戦時に書かれた有名な作品には「アンネの日記」「夜と霧」がありますが、ここでは第二次世界大戦をテーマにしたものだけではなく、様々な戦争をテーマにした名作を紹介します。戦争を体験した文学者は、その題材とどう立ち向かったのか。なぜ戦争がはじまるのか、どうして人は戦争をするのか。戦争と平和について、文学を通じて改めて考えてみませんか?

小説一覧

14件中1~14件を表示

14件中1~14件を表示