【守り人シリーズ】上橋菜穂子ファンタジー作品集

「守り人シリーズ」で人気の上橋菜穂子は1989年、児童文学作家としてデビューしました。もっとも有名な「精霊の守り人」は1996年に発表され、野間児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。2007年のアニメ化がきっかけとなり認知度が高まり始め、2016年には綾瀬はるか主演でNHKでドラマ化されています。2015年、「鹿の王」で第12回本屋大賞を受賞。ファンタジー小説家として現在人気のある作家のひとりです。