「宮本武蔵」を生んだ吉川英治の名作まとめ

吉川英治は1892年(明治25年)生まれで、大正から昭和中期にかけて活躍した小説家です。吉川英治は様々な職業を経て大衆雑誌に読み物を発表し、人気となりました。「宮本武蔵」や「三国志」「私本太平記」など、多くの作品が映画やドラマになっていますが、なかでも「宮本武蔵」は繰り返しドラマ化されており、2014年には木村拓哉が武蔵を演じました。日本での宮本武蔵の評価を高めた作品と言われています。長い作品が多いですが、今でも読者をひきつける魅力があります。

小説一覧

2件中1~2件を表示

2件中1~2件を表示

「「宮本武蔵」を生んだ吉川英治の名作まとめ」を見ている方にこんな特集もおすすめ