時代小説といえば…佐伯泰英作品レビュー

佐伯泰英は1942年生まれの作家・写真家。多くの時代小説がロングセラーとなり、累計発行部数は4,000万部を超えると言われています。書店で今もっとも多く本が積まれている作家と言っても過言ではないでしょう。実は佐伯泰英が時代小説を書き始めたのは1999年、50代も半ばになってからでした。それから出す作品はヒットを連発し、NHKでドラマ化された「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズや、「密命」シリーズなど、数多くの作品がロングセラーに。ぜひこの機会に、お気に入りの一冊を見つけてみては?

小説一覧

1件中1~1件を表示

1件中1~1件を表示