【吾輩は猫である】夏目漱石名作レビュー【坊っちゃん】

夏目漱石は、1867年(慶応3年)に東京で生まれた作家です。生まれてすぐに里子に出されるなど、あまり環境に恵まれない幼少期でしたが、文学を志し入学した大学予備門で正岡子規と出会い、俳句を学びます。33歳のとき、文部省から命じられ英国留学をしますが、神経衰弱になり帰国。帰国後、高浜虚子のすすめで小説を書き始め、38歳の時に「吾輩は猫である」を発表します。その後は多くの小説を残し、日本の代表的作家の1人となりました。漱石の名作、gooブロガーはどう読んでいるでしょうか。

小説一覧

7件中1~7件を表示

7件中1~7件を表示

「【吾輩は猫である】夏目漱石名作レビュー【坊っちゃん】」を見ている方にこんな特集もおすすめ