【オススメ】歴代直木賞受賞作品【ベストセラー】

直木賞は、直木三十五の名を記念して1935年に菊池寛が設立した文学賞です。直木賞は大衆文学の新人作家に与えられる賞で、過去には「白い巨塔」などで有名な山崎豊子や「竜馬がゆく」を書いた司馬遼太郎、「鬼平犯科帳」が代表作である池波正太郎、ベストセラー作家として知らないものはいない宮部みゆきや東野圭吾など、多くの読者に愛されている有名作家が受賞しています。注目度が高く、受賞作品は毎年ベストセラーとなっています。そんな直木賞のおすすめ作品をまとめました。

小説一覧

7件中1~7件を表示

7件中1~7件を表示

「【オススメ】歴代直木賞受賞作品【ベストセラー】」を見ている方にこんな特集もおすすめ