行人

行人
概要

『行人』(こうじん)は、夏目漱石の長編小説。1912年12月6日から1913年11月5日まで、『朝日新聞』に連載された。ただし、4月から9月まで作者病気(胃潰瘍)のため、5ヶ月の中断がある。『行人』は、「友達」「兄」「帰ってから」「塵労」の4つの編から成り立っている。男女について、近代知識人の苦悩を描く。『彼岸過迄』に続く、後期3部作の2作目。(gooWikipedia)

「行人」レビュー一覧

3件中1~3件を表示

3件中1~3件を表示

【ソロモンの偽証】宮部みゆきの人気小説【龍は眠る】

戦争を描いた名作

どんでん返し!驚きの結末!特選ミステリー小説

よく検索されるキーワード