吾輩は猫である

吾輩は猫である
概要

『吾輩は猫である』(わがはいはねこである)は、夏目漱石の長編小説であり、処女小説である。1905年1月、『ホトトギス』に発表され、好評を博したため、翌1906年8月まで継続した。(gooWikipedia)

著者

夏目金之助  

「吾輩は猫である」レビュー一覧

5件中1~5件を表示

5件中1~5件を表示

ベストセラー連発!東野圭吾作品まとめ

泣ける!切ない!感動の恋愛小説

【オススメ】歴代直木賞受賞作品【ベストセラー】

よく検索されるキーワード