三四郎

三四郎
概要

『三四郎』(さんしろう)は、夏目漱石の長編小説である。1908年(明治41年)、「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載。翌年5月に春陽堂から刊行された。『それから』『門』へと続く前期三部作の一つ。全13章。 九州の田舎(福岡県の旧豊前側)から出てきた小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様が描かれている。三四郎や周囲の人々を通じて、当時の日本が批評される側面もある。三人称小説であるが、視点は三四郎に寄り添い、時に三四郎の内面に入る。(gooWikipedia)

「三四郎」レビュー一覧

7件中1~7件を表示

7件中1~7件を表示

【竜馬がゆく】司馬遼太郎名作小説【燃えよ剣】

どんでん返し!驚きの結末!特選ミステリー小説

【必読】歴代芥川賞受賞作品【名作】

よく検索されるキーワード