草枕

草枕
概要

本作の中で言及されたジョン・エヴァレット・ミレーの『オフィーリア』 『草枕』(くさまくら)は夏目漱石の小説。1906年に『新小説』に発表。熊本県玉名市小天温泉を舞台にして、著者のいう「非人情」の世界を描いた作品である。 「山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。」という一文に始まり、「智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」と続く冒頭部分が有名である。初期の名作と評価される。(gooWikipedia)

著者

夏目金之助  漱石    

「草枕」レビュー一覧

9件中1~9件を表示

9件中1~9件を表示

どんでん返し!驚きの結末!特選ミステリー小説

【鉄道員】浅田次郎おすすめ作品【壬生義士伝】

【ソロモンの偽証】宮部みゆきの人気小説【龍は眠る】

よく検索されるキーワード