夜明けの街で

夜明けの街で
概要

『夜明けの街で』(よあけのまちで)は、東野圭吾による日本の推理小説。 角川書店発行の『野性時代』にて2004年9月号から2007年4月号まで連載され、その間の2006年2月号には番外編が掲載された。2007年6月30日、同社より単行本が刊行されたが、東野の同社刊の単行本は2003年の『殺人の門』以来、4年ぶりであった。 横浜を舞台にし、不倫を軸に置いた作品。サザンオールスターズの『LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜』に感化されて書いた作品でもあるため、ところどころ歌詞に沿った話が出てくる。 2011年に若松節朗監督、岸谷五朗・深田恭子主演で映画化された。(gooWikipedia)

「夜明けの街で」レビュー一覧

4件中1~4件を表示

4件中1~4件を表示

【鉄道員】浅田次郎おすすめ作品【壬生義士伝】

読んでないとヤバい?世界名作小説

【吾輩は猫である】夏目漱石名作レビュー【坊っちゃん】

よく検索されるキーワード