白夜行

白夜行
概要

『白夜行』(びゃくやこう)は、東野圭吾の小説。集英社『小説すばる』1997年1月号から1999年1月号に連載され、1999年8月に刊行され、ベストセラーになったミステリ長篇である。 連作短篇として連載されていたが、単行本では長篇に構成しなおして刊行された。発行部数は2005年11月の時点で55万部程度だったが、ドラマ第1話放送前後に売れ行きが伸び、2006年1月に100万部を突破。2010年12月時点で200万部を超えた。 2005年に舞台化、2006年にテレビドラマ化された。また2009年に韓国で、2011年に日本で映画化されている。(gooWikipedia)

「白夜行」レビュー一覧

6件中1~6件を表示

6件中1~6件を表示

【竜馬がゆく】司馬遼太郎名作小説【燃えよ剣】

面白い!gooブロガーおすすめのライトノベル

【ミザリー】スティーブン・キングの人気作品【IT】