花神

花神
概要

『花神』(かしん) は、司馬遼太郎の長編歴史小説。日本近代兵制の創始者・大村益次郎(村田蔵六)の生涯を描く。1969年(昭和44年)10月1日から1971年(昭和46年)11月6日まで『朝日新聞』夕刊に、633回にわたって連載された。 現行版は新潮文庫全3巻(初版1976年、改版2002年)と、『司馬遼太郎全集 30・31』(文藝春秋)。なお初刊は1972年(昭和47年)に新潮社(全4巻)で出版された(1993年(平成5年)に新装改訂版(全1巻))。 司馬は本作に先行し1964年に、大村を主人公に、短編作品『鬼謀の人』(きぼうのひと)を書いている。(同作は『人斬り以蔵』、新潮文庫ほか)に収録。(gooWikipedia)

著者

司馬遼太郎

「花神」レビュー一覧

3件中1~3件を表示

3件中1~3件を表示