伊豆の踊子

伊豆の踊子
概要

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている。 日本人に親しまれている名作でもあり、今までに6回映画化され、ヒロインである踊子・薫は田中絹代から吉永小百合、山口百恵まで当時のアイドル的な女優が演じている。(gooWikipedia)

著者

川端康成  

「伊豆の踊子」レビュー一覧

4件中1~4件を表示

4件中1~4件を表示

【鉄道員】浅田次郎おすすめ作品【壬生義士伝】

ベストセラー連発!東野圭吾作品まとめ

【竜馬がゆく】司馬遼太郎名作小説【燃えよ剣】

よく検索されるキーワード