戦争と平和

戦争と平和
概要

『戦争と平和』(せんそうとへいわ、露: Война и мир)は、帝政ロシア末期の小説家レフ・トルストイの大河歴史小説。1865年から1869年にかけて雑誌『ロシア報知(英語版)』(露: Русскій Вѣстникъ)で発表されたものである。サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。(gooWikipedia)

著者

レフ・トルストイ  

「戦争と平和」レビュー一覧

7件中1~7件を表示

7件中1~7件を表示

【吾輩は猫である】夏目漱石名作レビュー【坊っちゃん】

ベストセラー連発!東野圭吾作品まとめ

【必読】歴代芥川賞受賞作品【名作】